農業による対策とは

農業によって地球温暖化対策が行われています。農業というのは地球温暖化への影響がとても大きいのです。農業によって温室効果ガスがたくさん発生しています。それ以外にもさまざまな要因によって農業が地球温暖化に悪い影響を与えてしまっているのです。

そこで地球温暖化に対応した農業技術の研究が進められています。たとえば、土から温室効果ガスが排出されるのを削減するための栽培技術が研究されたり、農耕地に温室効果ガスを吸収させる栽培技術の開発もすすめられているのです。

また、植物というのは空気中の二酸化炭素を吸収してくれるため、これによって温室効果ガスを削減することができます。日本にはたくさんの森林地帯があるため、そこをきちんと管理することによって、結果的に地球温暖化対策につながるのです。植林をきちんと行うことによって温室効果ガスの削減を実現できるでしょう。

今後はさらに温暖化対策が推進されていくでしょう。その際に農業の果たす役割は大きいのです。今のところ農業というのはまだまだ地球温暖化を促進している要素が強くなっています。しかし、これからは農業が地球温暖化を食い止めることができるような技術が開発されていくでしょう。そのための研究は世界中で行われているのです。