地球温暖化とは

地球温暖化というのは、温室効果ガスの排出量が増えることによって地球に温暖化が生じてしまうという現象のことです。温室効果ガスというのは気温を上昇させる作用を持っているため、これによってどんどん地球の気温が上昇しているのです。代表的な温室効果ガスとしては二酸化炭素があります。だからこそ現在世界中で、どうすれば二酸化炭素の排出量を少なくすることができるのかに頭を悩ませているのです。

二酸化炭素は赤外線を吸収して放出するという性質を持っています。地球の表面は太陽によって暖められており、その結果として地球の表面からは赤外線が出ています。この赤外線は大気に蓄積されるのです。そして再び赤外線は地球の表面に戻っていきます。この戻ってくる赤外線によって大気が暖められることによって温暖化が進んでいくのです。これを温室効果といいます。

もちろん温室効果ガスというのは絶対的に悪い存在ではありません。そもそも温室効果ガスがなければ地球の表面温度は氷点下19℃にまで下がってしまうのです。しかし、現在は人間のさまざまな活動によって温室効果ガスの量が増えすぎているのです。このままでは取り返しのつかないことになるため、農業による地球温暖化対策が注目されているのです。