地球温暖化とは

地球温暖化というのは、温室効果ガスの排出量が増えることによって地球に温暖化が生じてしまうという現象のことです。温室効果ガスというのは気温を上昇させる作用を持っているため、これによってどんどん地球の気温が上昇しているのです。代表的な温室効果ガスとしては二酸化炭素があります。だからこそ現在世界中で、どうすれば二酸化炭素の排出量を少なくすることができるのかに頭を悩ませているのです。

二酸化炭素は赤外線を吸収して放出するという性質を持っています。地球の表面は太陽によって暖められており、その結果として地球の表面からは赤外線が出ています。この赤外線は大気に蓄積されるのです。そして再び赤外線は地球の表面に戻っていきます。この戻ってくる赤外線によって大気が暖められることによって温暖化が進んでいくのです。これを温室効果といいます。

もちろん温室効果ガスというのは絶対的に悪い存在ではありません。そもそも温室効果ガスがなければ地球の表面温度は氷点下19℃にまで下がってしまうのです。しかし、現在は人間のさまざまな活動によって温室効果ガスの量が増えすぎているのです。このままでは取り返しのつかないことになるため、農業による地球温暖化対策が注目されているのです。

農業による対策とは

農業によって地球温暖化対策が行われています。農業というのは地球温暖化への影響がとても大きいのです。農業によって温室効果ガスがたくさん発生しています。それ以外にもさまざまな要因によって農業が地球温暖化に悪い影響を与えてしまっているのです。

そこで地球温暖化に対応した農業技術の研究が進められています。たとえば、土から温室効果ガスが排出されるのを削減するための栽培技術が研究されたり、農耕地に温室効果ガスを吸収させる栽培技術の開発もすすめられているのです。

また、植物というのは空気中の二酸化炭素を吸収してくれるため、これによって温室効果ガスを削減することができます。日本にはたくさんの森林地帯があるため、そこをきちんと管理することによって、結果的に地球温暖化対策につながるのです。植林をきちんと行うことによって温室効果ガスの削減を実現できるでしょう。

今後はさらに温暖化対策が推進されていくでしょう。その際に農業の果たす役割は大きいのです。今のところ農業というのはまだまだ地球温暖化を促進している要素が強くなっています。しかし、これからは農業が地球温暖化を食い止めることができるような技術が開発されていくでしょう。そのための研究は世界中で行われているのです。